ホイールバランス調整/」タグアーカイブ

フェラーリ(Ferrari)430スクーデリア + ミシュラン PILOT SPORT 4S (パイロット スポーツ4S) PS4S 19インチタイヤ交換

フェラーリ(Ferrari)430スクーデリア のお客様にミシュラン パイロットスポーツ4S ご購入いただきました。

サイズは F 235/35ZR19 91Y XL、R 285/35ZR19 103Y XL になります。

 

現在、純正タイヤ ピレリ P ZERO CORSA SYSTEM が欠品のため、ミシュラン PS4Sになりました。

 

純正ボルトはこのように穴が開いています。 専用ソケットにて対応します。

 

ホイールにはTPMS 空気圧センサーが装着されています。

 

こちらがフロントタイヤ 235/35ZR19 91Y XL

 

こちらがリアのタイヤ  285/35ZR19 103Y XL

 

バランス調整は水平回転式のバランサーを使用します。

取付誤差が少ないため、重力に逆らわず安定した精度を誇ります。

 

タイヤ位相合わせ(UMB調整)を行い、チョークにてマーキングをします。

基準値(合格ライン)になるまで何度も組み直しをします。

 

ブレーキハブクリーニング作業を行いました。

ブレーキハブの素材は鋳鉄ですので高温には強いですが、表面に錆が出やすいですね。

 

尚、純正ボルト(チタニウム製)はフェラーリ社指定の締め付けトルクにて調整します。

 

純正ボルト(チタニウム製)は専用のソケットにて対応します。

 

ホイールとブレーキキャリパーの間(隙間)・クリアランスは絶妙でほとんどありません。

バランスウェイトは専用の薄いもので対応します。

 

 

弊社は細心の注意にてユニフォミティマッチングバランス調整を行い、高速シミーに対応するよう作業を行っております。

又、位相合わせによる作業による回転ブレを1000分の1ミリ単位で修正を行い、日々探求しております。

 

○○様、いつも弊社をご利用いだだき誠にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ユニフォミティマッチング・バランス調整(UMB調整)について AUDI(アウディ)編

 

本日、新車で納車されたばかりのアウディA3 クワトロ ホイールバランス調整を行いました。

弊社タイヤ職人が丁寧に位相合わせ(UMB調整)を行い、この度、興味深い結果をご報告いたします。

 

AUDI タイヤホイールを組み直すことにより究極のホイールバランスを実現する。

 

あくまでも大量生産品のため、ある程度のばらつきは致し方ないと思いますが、メーカー基準では合格レベルという事なのでしょう。

 

 

こちらの純正装着のピレリP7C2 AO アウディ承タイヤには軽点が無いためバルブの位置合わせる必要はありません。

1本ずつ何度も組み替えることにより、綺麗に回転する状態に修正します。

(位相合わせ ユニフォミティ・マッチングバランス調整を行います。)

 

ブレーキ・センターハブのクリーニング作業も行いました。

同時に面取りを行い、ホイールとハブのすり合わせ作業を行います。

 

 

 

結論から申し上げますと、走行距離はオドメーターで僅か500㎞ではありましたが、

4本中、弊社基準の合格レベルのものは1本だけで 3本は調整が必要と判断しました。

 

UMB調整を行うことにより、結果はかなり良いセッティングが出ました。

これで200㎞オーバーでも安定した滑らかな乗り味が期待できると思います。

 

UMB調整後はフラットな乗り心地になるだけでなく、騒音の低減、燃費の向上につながります。

これは時速300㎞オーバーまで出さないとしても、時速100㎞以下でも体感できます。

疲労感が違いますので、ぜひお勧めしたいと思っております。

 

○○様、いつも弊社をご利用いだだき誠にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

※ 欧州車の場合、船便での輸入になるケースが多く、数か月間の長い保管等で

タイヤフラットスポットや、タイヤ変形によるバランス不良のケースが発生する事例が確認されています。

 

ポルシェ911 カレラ(991.2)+ ミシュラン パイロットスポーツ4S(Pilot Sport 4S)20インチ タイヤ交換 UMB調整

ポルシェ911 カレラ(991.2)のお客様にミシュラン パイロットスポーツ4S(Pilot Sport 4S)ポルシェ承認タイヤ ご購入いただきました。

サイズは F 245/35ZR20 95Y XL N0、R 305/30ZR20 103Y XL N0 になります。

 

新車で購入後、幾度となく微振動に悩まされていたとお聞きしました。

正規ディーラーに数度の相談、及び処置で直らず、ポルシェもこんなものかと幻滅されていたそうです。

 

今回、弊社でのタイヤ交換(UMB調整)後は車体振動が見事に消滅、非常に滑らかになったと連絡をいただきました。 (お電話、及びメールを頂戴しました。)

 

弊社は細心の注意にてユニフォミティマッチングバランス調整を行い、高速シミーに対応するよう作業を行っております。

又、位相合わせによる作業による回転ブレを1000分の1ミリ単位で修正を行い、日々探求しております。

尚、取り付け時は職人がセンターハブの擦り合わせ、面取りを行います。 又、純正ボルトはポルシェ社指定の締め付けトルクにて調整します。

 

○○様、弊社をご利用いだだき誠にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ポルシェ タイヤ交換 は弊社にお任せ下さい。

 

メルセデス AMG GLS63 + コンチネンタル PremiumContact 6 (プレミアムコンタクト6) メルセデスベンツ承認 22インチ タイヤ交換 UMB調整

メルセデス AMG GLS63 のお客様に コンチネンタル PremiumContact 6

メルセデスベンツ承認 22インチ ご購入いただきました。

 

サイズは フロント 285/45R22 114Y MO、リア 325/40R22 114Y MO になります。

リアサイズの325サイズはランボルギーニ級ですね!

 

こちらはフロントサイズ 285/45R22 114Y MOです。

 

こちらがリアサイズ、325/40R22 114Y MO かなり太いです。

 

弊社が誇る、水平回転式のホイールバランサー

 

UMB調整中の 325/40R22。 何度も調整を行い 時速300㎞OVER でも安全に走行可能にします。

 

UMB調整、ホイール洗浄も完了しました。

尚、純正ボルトはメルセデス・ベンツ社指定の締め付けトルクにて調整します。

 

ホイールバランス調整は各メーカー・タイヤ特性が違うため、組み付けには特殊な技術が必要です。
弊社は少数精鋭の体制で日々探求心を忘れず作業を行っております。

 

○○様、弊社をご利用いだだき誠にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

メルセデス・ベンツ タイヤ交換は弊社にお任せ下さい。

 

ポルシェ 992 + ミシュラン パイロットスポーツ4S(Pilot Sport 4S) NA0 ポルシェ承認タイヤ交換 UMB調整

右側の純正タイヤは残溝約3mm程度で摩耗の為、交換となります。

国内の規定1.6mmでは役不足の為、ハイパフォーマンスカーの場合、お早目の交換をお勧めします。

 

ポルシェ 992のお客様にミシュラン パイロットスポーツ4S ポルシェ承認タイヤ 4本ご購入いただきました。

PS4S  NA0 エヌエーゼロのポルシェ承認タイヤです。

 

サイズは F 245/35ZR20 95Y XL NA0、R 305/30ZR21 104Y XL NA0 になります。

※ 今回も最良のセッティングにて完了しました。(UMB調整完了しました。)

 

ミシュランのポルシェ承認タイヤの特徴ですが、組み付けにはコツがあり難易度が高いと感じます。

UMB調整が決まれば最高に素晴らしいタイヤなのですが、普通の作業では本領は発揮しません。

つまり、セッティングに関してはミシュランタイヤに熟知している者にしか判らないのです。

我々は長年ミシュランタイヤの研究を重ね、ユニフォミティの真髄を極める事が出来ました。

 

弊社は細心の注意にてユニフォミティマッチングバランス調整を行い、高速シミーに対応するよう作業を行っております。

尚、取り付け時はセンター出しを行い、純正ボルトはポルシェ社指定の締め付けトルクにて調整します。

 

○○様、弊社をご利用いだだき誠にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ランボルギーニ・アヴェンタドール(Lamborghini Aventador )LP700-4 + ミシュラン パイロットスポーツ4S(Pilot Sport 4S) 355/25ZR21 タイヤ交換 UMB調整

ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4 に ミシュラン パイロットスポーツ4S 装着のご報告です。

ボディカラーはメーカーオプション、凄みのある特注色のマッドブラックとの事です。

 

タイヤサイズは F 255/30ZR20 92Y XL、R 355/25ZR21 107Y XL になります。

(特にリアタイヤはメーカー オプションサイズで 355!というサイズになります。)

 

 

このサイズはメーカー欠品で入荷未定の為、オーダーから半年以上お待ち頂き本国から輸入しました。

※純正タイヤはピレリですが全世界欠品 納期未定の為、急遽ミシュランにてオーダーしました。

 

結論から言いますと、まず特にこの極太のタイヤ「355mm」でUMB調整をするのは非常に困難を極めます。

それ以前にまず専用タイヤチェンジャーが無ければ作業することが出来ません。

 

純正タイヤ ピレリ P ZERO 355/25ZR21 を外します。(経年劣化の為交換です。)

 

交換時には Lamborghini Aventador 純正 TORX Bit Socket SSTを使用します。

 

 

タイヤ交換作業に関しては弊社の職人が数日前からミーティングを行いスムーズに作業を行います。

多分、タイヤ交換のみをするだけであれば簡単のようですが、実際にリアタイヤの355という極太タイヤのマッチングに関して、合格レベルのユニフォミティを実現するには大変な作業でした。

 

単にタイヤ交換した後にバランスウェイト 0?にした程度では車体振動が出てしまいます。

スムーズにタイヤが回転するよう、ホイールとの相性を何度も探し、ベストなセッティングを見つける事が重要です。

又、車体に装着する際にセンター出しを完璧にしなければ、バランスセッティングは完成しません。

 

さて極太リアタイヤですが何度目かUMBを施し超極太タイヤでも無事ベストセッティングが出ました。

※ 時速350㎞でも振動が出ないようセッティング完了です。

 

スーパースポーツカー、タイヤ交換で重要視するのはユニフォミティです。

又、全国からランボルギーニアヴェンタドールのタイヤ交換の依頼をお待ちしております。

(UMB調整が可能なのは弊社のみと自負しております。)

 

○○様、いつも弊社をご利用いだだき誠にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ランボルギーニ(Lamborghini)タイヤ交換は こちら。

 

NISSAN R33 GT-R Vスペック + ミシュラン パイロットスポーツ4(Pilot Sport 4)18インチ ユニフォミティマッチングバランス調整(UMB調整)

本日は、NISSAN R33 GT-R Vスペック、ユニフォミティマッチングバランス調整のご報告です。

 

ホイールリムフランジの汚れを落とし、ホイールのみで歪み等をチェックします。

 

タイヤホイールの相性を探し、新円になるよう何度も組み換え作業を行います。

 

 

今回のUMB調整、日本が誇る名車、R33スカイラインGTR-Vスペックです。

まずこの車両はエンジンがフルオーバーホールで完璧に近い仕上がり、ボディの補強済み、

フルレストアに近い車体で新車のようなコンディションでした。

 

他店にてミシュランタイヤ購入後、車体振動が治らず諦めていたところ、本日弊社に来店されました。

弊社バランサーにて点検.. 4本中すべてのタイヤに組み付け不良が判明。

早速、弊社職人がベストなセッティングになるよう作業を行いました。

(サイズは 245/40ZR18 97Y XL になります。)

 

 

調整後、お客様よりTELにて連絡をいただきました。

 

「その後、振動が消えて本当に良くなりました。素晴らしい作業に驚きました!」

「ありがとうございました。スタッフの皆様にも宜しくお伝えください。」

 

..といった感想を頂きました。ありがとうございました。

 

 

この車が当時新車だった頃、当時(今も変わりはありませんが..)走り屋で、常磐高速、筑波山ドリフトなどで色々なタイヤを交換、ポルシェにおきましては計6万㎞に及ぶテスト、日々、超高速におけるユニフォミティマッチングバランス調整(UMB調整)に明け暮れておりました。

 

弊社は細心の注意にてユニフォミティマッチングバランス調整を行い、高速シミーに対応するよう作業を行っております。

又、位相合わせによる作業による回転ブレを1000分の1ミリ単位で修正を行い、日々探求しております。

 

○○様、弊社をご利用いだだき誠にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ユニフォミティマッチングバランス調整(UMB調整)について考察する②

ユニフォミティマッチングバランス調整(UMB調整)とは重量バランスを0するだけでなく

タイヤとホイールのマッチング(位相合わせ)をすることにより理想的な円運動を実現するための方法です。

 

重量バランスが0(ゼロ)であってもタイヤホイールが振れている場合は、まず好ましくはありません。

同時に真円に近い状態を造り出すことが重要です。 無振動(理想)に近づく事になります。

 

今回、ポルシェ純正ホイールにポルシェ承認タイヤ、ミシュラン PILOT SPORT CUP 2 (パイロット スポーツ カップ2)を例に挙げてみます。

 

世界最高精度のタイヤホイールでセッティングを行います。 

サイズは 295/30ZR20 (101Y) XL N1

 

エアバルブに付いているオレンジの部品はポルシェ純正TPMS空気圧センサー。

内部にバッテリーが入っており、通常は約5年で交換となりますが、7~8年は持つとの事です。

 

タイヤビード部に溜まったエアを逃がしながら密着させます。

組み付けのセッティングですが、タイヤメーカー及び種類により施工(作業)方法が違います。

セッティングはその中から一番良い方法を見つけ出す事が重要です。

 

この状態であれば理論上、時速350㎞位までは路面に吸い付くような感覚で走行できると思います。

 

バランスウエイトの重りはせいぜい時速70~80㎞位までに影響があるのですが、時速160㎞以上の場合は重量バランスの影響は少なくなります。

 

真円度が高ければ高いほど車体に感じる振動は比例して少なくなります。

逆に例えますと時速180㎞以上の場合、よほど重量バランスが不良でない限り走行には影響はありません。

 

ユニフォミティマッチングバランス調整(UMB調整)を行うことのメリットは

実際に転がり抵抗が少なるなるため、以下の効果が期待できるのです。

 

〇動力性能の向上

〇長距離の走行で疲労が少ない

〇燃費が向上する

〇ロードノイズが少ない

 

ホイールのレストア作業を行いました。

マーキングした部分に歪みがあり、修正してからタイヤ交換作業を行います。

 

年代物の40年以上前のホイールですが、リムフランジの汚れ、腐食を落としてから交換作業を行います。

 

エアバルブの取り付け穴の研磨、バルブガスケット(ゴムパッキン)交換も行います。

地道な作業ですが、エア漏れ等が無いよう安全に走行する為には必須の作業となります。

 

装着車両は往年の名車 NISSAN フェアレディZ(S30)です。

 

ランドローバー ディスカバリー4 ユニフォミティマッチングバランス調整(UMB調整)

ランドローバー ディスカバリー4 19インチ UMB調整を行いました。

タイヤホイールを一旦車体から外してから、再度注意深く組み付け作業を行います。