夏季休業日のお知らせ 8月11日(金)~16日(水) まで休業とさせていただきます。

夏季休業日:8月11日(金)~16日(水)

 

皆様には大変ご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

 

ポルシェ997ターボS + ミシュラン PS2 19インチ センターロックタイヤ交換 UMB調整

今日はポルシェ997ターボSのお客様のご依頼で、承認タイヤ交換、UMB調整の作業を行いました。
装着タイヤはミシュラン パイロットスポーツPS2 F 235/35ZR19 91Y XL N2、R 305/30ZR19 102Y XL N2
Nマーク付きポルシェ承認タイヤです。

 

ホイールはターボS純正のセンターロックタイプでした。特製トルクレンチで締め付け作業を行います。

弊社では、センターロックの場合、車体からの取り外し、取り付けを3人で作業すると決めております。

(2人でも作業可能ですが、念のためもう1人に車内からブレーキを踏んでもらう為です。)

 

締め付けはこの997ターボSの場合、600N・mで締め付けます。

ガタが無い事を確認し、センターキャップを取り付ければ完了です。UMB調整も完了しました。

 

===================================================

 

承認タイヤとは? (ここで簡単に説明をいたします。)

 

これらは通常のタイヤに比べ、精度、高速安定性、耐摩耗性に優れた特性があるという事でしょうか。
自動車メーカーとタイヤメーカーがテストし、合格点が与えられたものを製造したものです。

 

高速安定性重視のために横剛性(ビード部やサイドウォール部)が強化されたものが多く、
承認タイヤは同サイズのリプレイス品より真円度の誤差の許容範囲を厳しく徹底しているとの事です。

 

===========================

 

ホイールバランスの重要性

 

車の部品の中で回転している物は?と聞かれて真っ先にタイヤ。

という方ももちろんいらっしゃるでしょう。

実はタイヤ以外に回転している部品があるのです。
エンジンの内部で言いますと、クランクシャフト等が有名ですがこれに付随するコンロッド、
ピストンこれらすべての部品は高度なバランスによって成り立っております。

ドライブシャフトなども重要です。もし、これらの部品がバランス不良であったらどうなるか。
結果は激しい振動で車体が左右に振れだしてとても運転できる状態ではないでしょう。

 

タイヤ、ホイールもしかり。多少の振れを我慢したにしても今度は体が悲鳴をあげてしまいます。
そしてこの振動というのがやっかいなのです。

人間の体、特に眼球(目)は振動の影響により焦点が合うまで時間がかかる様になり、

それが疲労の原因となるのです。

 

ですから、安全運転という観点からみてもホイールバランス調整は重要なのです。

それをする事により滑らかでスムーズな運転ができるのです。

 

弊社はタイヤの販売、技術力をメインに、又、50年以上に渡り研究を重ねております。

レース車両のタイヤ交換の場合でも、弊社は一般車両のタイヤ交換と同じ部門で作業しております。

現在はクルー全員が対応可能となっております。

 

タイヤのご相談は丁寧にサポートいたします。ぜひお気軽にお問合せ下さい。

獅子舞い 2017

今日は梅雨空のような天気ですが、獅子舞いさまがご来店です。

無病息災そしてご利益がありますように。

4WD/SUV用 タイヤ交換もお任せください!

横浜ゴム PARADA Spec-x(パラダ スペックエックス) 305/40R22 114V に22インチ

ランドクルーザー用専用ホイール組付け作業が完了しました。

UMB調整も完了です。当店のご利用、誠にありがとうございます。

BMW 1シリーズ(116i) + ミシュラン PILOT SPORT 4 16インチ タイヤ交換 

ミシュラン PILOT SPORT 4 16インチをBMW 1シリーズに装着いたしました。

サイズは 前後 205/55ZR16 94Y XL になります。

この商品は電話でのご注文で翌日入荷しましたので、現在は即日納品が可能となっております。

 

○○様、弊社をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ Ferrari Challenge Trofeo Pirelli Asia Pacific 2017 Rd.4 観戦⑤

タイヤ編です。

特にフェラーリ乗りの方必見です! マシン、そしてドライバーの命を守るタイヤ、沢山使います!

 

 

 

 

 

 

 

 

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ Ferrari Challenge Trofeo Pirelli Asia Pacific 2017 Rd.4 観戦④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回に続きます。

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ Ferrari Challenge Trofeo Pirelli Asia Pacific 2017 Rd.4 観戦③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回に続きます。

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ Ferrari Challenge Trofeo Pirelli Asia Pacific 2017 Rd.4 観戦②

タイヤ見聞録、百聞は一見にしかず。

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ、それでは イッテみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回に続きます。

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ Ferrari Challenge Trofeo Pirelli Asia Pacific 2017 Rd.4 観戦①

7/9(日)はピレリさんからのお誘いで、富士スピードウェイにて行われました、

フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ を観戦してきました。

 

正式には Ferrari Challenge Trofeo Pirelli Asia Pacific 2017 Rd.4(Race7&8)というレースで、

アジアでのラウンド、日本での開催は富士スピードウェイ、ラウンド4になります。

 

さて、今回の目玉は今年から始まった、フェラーリ488チャレンジ。(Ferrari 488 Challenge)
このパフォーマンス、走行性能が実際にどれくらい向上したのか、この目で見てみたい!

といったところです。 (488チャレンジだけで今回、約20台出場です。大汗!)

 

マシンは市販の488 GTBと同様、3.9リッターV8ツインターボ・エンジンを搭載。

同シリーズで初めてターボチャージャーを採用したモデルで、最高出力はチャレンジ・シリーズ歴代最強の670馬力を発生するとありますので、458evo と比べると正に別物ですね。

 

今回のFSW(富士スピードウェイ)では、中国、香港、台湾、インドネシア、マレーシア、

オーストラリア、ニュージーランド.. その他、そして日本から出場との事です。

 

又、今年は、今まで3年に渡りフェラーリ・チャレンジの主役を務めてきた 458 Challenge EVO で参戦するチーム、ドライバーもいます。

 

馬力が向上した分、タイヤの摩耗が気になるところですが、

各チーム、1台のマシンでこの2日間で 2SET~3SET使用したとの事。(8~12本)

 

フェラーリ488チャレンジのタイヤは特製のピレリ P ZERO スリックを使用。
サイズは458 Challenge EVO   F 255/650-19、R 305/690-19 から

F 275/675-19、R 315/705-19 というサイズでさらに一回り太くなりました。

 

フロントタイヤ 275/675-19 (幅275ミリ、外径675ミリ、タイヤ内径19インチ)

 

リアタイヤ 315/705-19 (幅315ミリ、外径705ミリ、タイヤ内径19インチ)

 

488チャレンジ(レースカー)のフロントビュー (フェラーリ ジャカルタ)

 

これは市販車ベースの488スパイダー(セイフティカー)。

こうして比べますと全く違う車に見えてきますね。

 

 

 

 

次回に続きます。