TIRE LABO タイヤラボ TSUCHIURA TIRE のホームページへようこそ
       お客様の身になった真心サービス

11/01/20 TOYOTA カローラフィールダー + ピレリ ウィンター・アイスコントロール観察日記

さて今回ご紹介のタイヤは、人気スタッドレスタイヤ、
ピレリ ウィンター・アイスコントロール(WINTER ICE CONTROL)です。
「スタッドレスは日本の冬を救う!」.. ということで、スタッドレスタイヤの観察日記です。

ご好評のピレリ製のスタッドレスタイヤを自家用車に装着してみました。


今までのミシュランX-ICEからバトンタッチです。







2,000km走行時のピレリ ウィンター・アイスコントロール(WINTER ICE CONTROL)。

以前から気になっておりましたピレリ製スタッドレス、これを装着した感想を述べてみたいと思います。
装着する車両はTOYOTA カローラフィールダーでタイヤサイズは185/65R-14 86Q になります。

実はダイアリーには今まで書いておりませんでしたが、
ブリヂストン ブリザックREVO2、ミシュランX-ICE等も同車両に装着し色々とテストを重ねておりました!

--------------------------------------------------------------------

さて、早速ピレリ WINTER ICE CONTROLを装着して約2,000kmほど走行しましたが、現時点での感想です。
(圧雪、凍結、乾燥路面にて)

ハンドリング : ハンドルの応答性は良好でとても乗りやすく感じられます。

乗り心地 : 路面の凹凸が明らかに伝わってきますがしなやかな乗り心地です。

タイヤノイズ : スタッドレスタイヤの中でもとても静かなタイヤであると思います。

圧雪路 : 圧倒的なブレーキング性能は特筆するものがありました。(他社製のタイヤに比べ)

凍結路 : 群馬の温泉街での凍結した上り坂においても非常に安定(安心)して走行することが出来ました。

以上において、安全、価格面においても非常にお買い得感のあるスタッドレスタイヤであると思います。


10/11/29 フラットスポットとタイヤの変形



フェラーリ、ポルシェによくあります、置きっ放し、放置状態によるタイヤの変形。
1ヶ月以上車を(放置したり)動かしていないと、接地面が変形してしまいます。
これはタイヤ内部のスチールコードに癖がついて元に戻らなくなる現象ですね。

高速走行時に車体やハンドルが振れだして、始めて気付きます。
タイヤの内部のコード部分(スチールコード等)が変形する事によるフラットスポットです。
これはタイヤが歪んでいて、通常はホイールバランス調整をしても振動は消えません。
しばらく走っていれば元に戻る場合もありますが、やはり難しいことが多いです。
(この場合、タイヤを新品に交換すれば良いのですが..)
乗らない場合でも、出来る限り車を移動するなり、タイヤにダメージをかけない事が懸命です。

又、一般に聞きます「フラットスポット」の場合、
これはタイヤトレッドの一部が極端に磨耗することにより起こる現象です。
このケースも、ホイールバランス調整をしてもまず振動は消えません。
一般にタイヤのブレーキロックが一番の原因と考えられますが、
サーキット走行等により今の最新のABSが装着されている車両でも起こることがあります。
(具体的にはオーバースピードにてコーナーに進入したケース等にみられます)
軽い場合はもちろんタイヤ磨耗により消える場合がありますが、期待外れのケースも..
特にフロント(前)に生じた場合は速やかにタイヤ交換が望ましいと思います。

10/11/02 フェラーリF430 + BS ポテンザRE050 タイヤ交換


















今回はフェラーリF430 タイヤ交換のご報告です。
交換するタイヤはブリヂストン ポテンザRE050 OE SPEC 225/35ZR-19 84Y、285/35ZR-19 99Y です。
前回と同じくポテンザRE050 の交換となりました。(OE SPEC は新車用タイヤの意味です。)
このポテンザRE050 OE SPEC はF430の承認タイヤであり、ブリヂストンタイヤの自信作ともいえるもので
ご存知の通り、特にスーパースポーツカー等に標準装着として認められております。
ハンドリングと快適性を両立したプレミアムスポーツタイヤであり、高次元にバランスの良いタイヤですね。
○○様、この度はご購入ありがとうございました。

10/10/26 ミシュラン Pilot Sport cup(パイロットスポーツカップ)






今日はポルシェ911(964)RSのリアタイヤ2本交換のご報告です。
交換するタイヤは公道も走行可能なサーキット専用タイヤ、
ミシュラン Pilot Sport cup(パイロットスポーツカップ)255/40ZR17 になります。
実はこのサイズは絶版となり、現在はミシュランタイヤのカタログには載っておりませんが
確認したところ、メーカーに僅かですが在庫が残っていたようです。

ご覧の通り、(あっと驚く)浅ミゾになっておりまして、実質使えるのはせいぜい3程度でしょうか。
でも定評がありますミシュランスリックと同様にこのスポーツカップは素晴しい運動特性を発揮するのでしょう。
○○様、この度はご購入ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

10/10/25 マッチングバランス タイヤ交換



今回、タイヤラボのこだわりと題して当社の特徴 タイヤ交換を新しくリニューアルいたしました。
特に高性能タイヤを購入予定の方、ぜひご覧下さい。 (画像はフェラーリF430タイヤ交換です。)

10/09/19 POTENZA(ポテンザ)S001 と RE11S、RE55S の比較

ブリヂストン POTENZA(ポテンザ)S001 と RE11S、RE55S セミレーシングタイヤ
タイヤトレッドパターンの比較をしてみました。


ブリヂストン POTENZA(ポテンザ)S001


ブリヂストン POTENZA(ポテンザ)S001


ブリヂストン POTENZA(ポテンザ)RE11S


ブリヂストン POTENZA(ポテンザ)RE55S

ポテンザS001の特徴は、明らかにトレッドブロックの間隔が広く、排水性を考慮したデザインであると思います。
対してサーキット専用(モータースポーツ競技用)タイヤ POTENZA(ポテンザ)RE11S、そしてRE55S は
トラクションが掛かりやすいように大胆なトレッドパターン。
スリックタイヤに後からグルービングを施したかのようにも感じられます。

それぞれ使用目的に応じ、最新のテクノロジーを駆使したブリヂストンのポテンザブランド。
今後も益々磨きがかかることでしょう。

10/08/21 エコタイヤの観察日記 ピレリ Cinturato P6 (チントゥラート)





さて今回ご紹介のタイヤは、ピレリ Cinturato P6 (チントゥラート)です。
「エコタイヤは地球を救う!」.. ということで久々になりますが、エコタイヤの観察日記です。

前回ご好評のピレリ Cinturato P4 (チントゥラート)に続き今回もこのピレリ製のエコタイヤを自家用車に装着してみました。

ピレリのコンセプトは、エナジー(効果)、きれいな空気、長寿命。なんですよ〜。
P4の場合は最大で約5パーセントの燃費が向上しましたので、
以前から兄貴分の今回のピレリ Cinturato P6 (チントゥラート)、これを装着してみようと思っておりました。
装着する車両はTOYOTA タウンエースでタイヤサイズは195/65R-15 91H になります。
(製造国はイタリア製でした。)
--------------------------------------------------------------------

さて、早速ピレリP6 チントゥラート装着して約20kmほど走行しましたが、現時点での感想です。(乾燥路面にて)

ハンドリング : ハンドルの初期応答性は良好です。リニアな感覚で敏感すぎずとても乗りやすく感じられます。

乗り心地 : 路面の凹凸が以前の国産タイヤと比べ明らかに伝わってきます。
         ピレリP4と同様にギャップ吸収性は良く、しなやかな乗り心地です。

タイヤノイズ : ヨーロッパ製のタイヤとしてはとても静かなタイヤであると思います。

今後このタイヤをテストしてみたいと思います。

10/08/10 ADVAN SPORT RUN FLAT(ランフラット)


今回ご紹介のタイヤは横浜ゴムのADVAN SPORT (Z・P・S) RUN FLAT(ランフラット)タイヤです。
装着する車両はTOYOTA 40ソアラ。タイヤサイズはF、R 共に 245/40R-18 93Y RUN FLAT です。
このADVAN SPORT RUN FLAT、ZPS高剛性ビードワイアー等により非常にしっかりとした造りになっています。
(サイドウォールがとても硬く、タイヤ自体も非常に重く出来ています。)
○○様、ご購入ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

10/08/09 BMW承認タイヤ2







今回ご紹介のタイヤはブリヂストン ポテンザRE050 RFT(ランフラット・タイヤ)です。
装着する車両はBMW 135iクーペ M-Sport。(名車2002ターボの再来といわれるスポーツクーペです。)
リアタイヤはまだ溝が残っていたため、今回はフロントのみですので同じタイヤとなりました。
タイヤサイズは 215/40R-18 85Y です。

さてこのタイヤにあります☆印(スターマーキング付き)ですが、以前、承認タイヤにてご説明したと思いますが
これはBMW承認タイヤの証であり、又数多く純正装着されている専用設計タイヤになります。
○○様、ご購入ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。


注)承認タイヤそしてランフラットタイヤについてはこちらにご説明があります

10/07/31 フェラーリ430スクーデリア + ピレリ P ZERO TROFEO (ピー・ゼロ トロフェオ) タイヤ交換

本日は Ferrari(フェラーリ) 430 スクーデリアのお客様に (先日ご紹介のNEWタイヤ)
PIRELLI P ZERO™ TROFEO (ピレリ ピー・ゼロ トロフェオ)を装着させていただきました。
タイヤサイズは F 235/35ZR-19 XL 91Y、R 285/35ZR-19 XL 103Y になります。
(画像では全てはお見せ出来ませんが、独自のタイヤフィッティング作業がございます。)


フロントタイヤ 235/35ZR-19 XL 91Y。ビード部にストレスが掛からないように作業します。

タイヤ、ホイールの相性を探し、何度かずらしながら最良の状態を探します。

ホイールバランス調整。上からユニフォミティーをチェック。

今度は斜め方向からです。タイヤに振れが出ていないか何度もチェックします。

真横からユニフォミティーをチェック。その後バランスウェイトを貼り付けます。

今度はリアタイヤ 285/35ZR-19 XL 103Y。

以外にもSタイヤの中ではサイドウォールは柔らかめです。

カールシェンク製ホイールバランサーにマウントします。

タイヤの縦ミゾがくっきりと見えることが重要です。

バランスウェイトを貼り付けた後、これでマッチングバランスが完了です。

今までの P ZERO CORSA ですとこのサイズは設定が無く、サーキット、スポーツ走行をされるお客様からは
純正タイヤの P ZERO CORSA SYSTEM (コルサ システム)では役不足ということを度々聞いておりましたので、
この新セミ・レーシングタイヤ P ZERO™ TROFEO は強いパートナーとなりそうです。

噂には聞いておりましたが、このタイヤでサーキットを全開走行された方の感想では..
「このP ZERO TROFEO、コントロール性は勿論の事、恐るべしラップタイム!」 なのだそうです!
(現在 P ZERO™ TROFEO はレーシングタイヤ P ZERO スリックと同じ生産国 Turkey、トルコ製です。)

これは正しく時速300kmを安全にコントロールできるタイヤ.. ということなのでしょう。
私も機会があれば、ぜひ試してみたいと思います。
○○様、この度はご購入ありがとうございました。

このウェブサイトに掲載されている全て(引用を除く)のコンテンツはタイヤラボが所有しています。
このサイトの記事や写真をあなたのサイトで紹介する場合はタイヤラボ明記と
www.tire-labo.com サイトへのリンクを貼ってください。
本ウェブサイトの使用ならび回覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

本ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。
雑誌や新聞等で紹介する場合は info@tire-labo.comまでご連絡下さい。