TIRE LABO タイヤラボ TSUCHIURA TIRE のホームページへようこそ
       お客様の身になった真心サービス

09/02/18 バルブトラブル


タイヤホイールの要、このエアーバルブですが.. 最近、トラブルが特に増えてきております。
ブレーキの熱や経年劣化がエアー漏れの原因とされているようです。

出来れば走行3万キロ、もしくは3年で交換をお勧めします。

06/11/24 ゴムバルブのお話

タイヤ交換のときに見落としがちなのが、このエアーバルブ。
通常、純正ホイール等にはこのようなものがついており、ここからエア−を入れます。
その大きさは約5cmの小さな部品ですが、実はとても重要な部品でもあります。



エアーバルブというのはホイールに密着しており、ブレーキの熱により徐々に劣化します。 
そのため長い期間使用しておりますと、エアー洩れの原因にもなります。
実は、パンクの主な原因にもなっております。 なぜならばタイヤ交換の時によく見落としがちなのです。

タイヤメーカーは以下のように推奨しております。
○ゴムバルブ交換は基本的に3年もしくは3万キロが目安となります。できれば、タイヤ新品交換時に交換をおすすめします。
○新品タイヤを装着するとき、チューブレスタイヤには新品のチューブレス用バルブの使用を推奨します。

以上のように 安全維持、性能維持のためにと説明してあります。

ですので、皆様もタイヤ交換の際には、今一度、点検されてはいかがでしょうか。 タイヤラボではバルブの品質にもこだわります。 又、常に在庫は在りますのでご安心下さい。

チューブレスゴムバルブは、通常長さが2種類あり、 TR413又は、TR414です。 弊社では値段は1個 263円になります。 (部品代のみ。タイヤ交換と一緒であれば工賃はかかりません。)
又、バルブは日本製(パシフィック製)のみを使用しております。 (社外品等はおすすめできません。)
このウェブサイトに掲載されている全て(引用を除く)のコンテンツはタイヤラボが所有しています。
このサイトの記事や写真をあなたのサイトで紹介する場合はタイヤラボ明記と
www.tire-labo.com サイトへのリンクを貼ってください。
本ウェブサイトの使用ならび回覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

本ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。
雑誌や新聞等で紹介する場合は info@tire-labo.comまでご連絡下さい。