TIRE LABO タイヤラボ TSUCHIURA TIRE のホームページへようこそ
       お客様の身になった真心サービス

10/12/11 アウディ TTクーペ + ミシュラン スタッドレス X-ICE XI 2


アウディ TTクーペ + ミシュラン スタッドレス X-ICE XI 2 225/40R-18 92T XL 4本SET

本日は沢山のお客様にご来店いただきました。
ご購入いただきました皆様、ありがとうございました。

さて、今年も残すところあと僅かですが、クルー一同、最後まで頑張ります!
タイヤ購入予定、お問い合わせの方へ
年内、30日までの営業となります。よろしくお願いいたします。

10/11/30 ポルシェ997 GT3 RS + マッチングバランス調整












今回はポルシェ997(911) GT3 RS ホイールバランス作業のご報告です。
タイヤの購入は当店ではなかったのですが、もちろんこのような作業も行っております。
タイヤはピレリ P ZERO TROFEO、 F 235/35ZR19(91Y)、R 305/30ZR19(102Y) が装着されておりました。
作業は高性能タイヤ、特に扁平タイヤにおいて大変効果のあるマッチングバランス調整を行ないます。
弊社で点検し、4輪とも微妙なアンバランスを納得のレベルで仕上げました!
オーナー様、今後ともよろしくお願いいたします。

10/11/29 フラットスポットとタイヤの変形



フェラーリ、ポルシェによくあります、置きっ放し、放置状態によるタイヤの変形。
1ヶ月以上車を(放置したり)動かしていないと、接地面が変形してしまいます。
これはタイヤ内部のスチールコードに癖がついて元に戻らなくなる現象ですね。

高速走行時に車体やハンドルが振れだして、始めて気付きます。
タイヤの内部のコード部分(スチールコード等)が変形する事によるフラットスポットです。
これはタイヤが歪んでいて、通常はホイールバランス調整をしても振動は消えません。
しばらく走っていれば元に戻る場合もありますが、やはり難しいことが多いです。
(この場合、タイヤを新品に交換すれば良いのですが..)
乗らない場合でも、出来る限り車を移動するなり、タイヤにダメージをかけない事が懸命です。

又、一般に聞きます「フラットスポット」の場合、
これはタイヤトレッドの一部が極端に磨耗することにより起こる現象です。
このケースも、ホイールバランス調整をしてもまず振動は消えません。
一般にタイヤのブレーキロックが一番の原因と考えられますが、
サーキット走行等により今の最新のABSが装着されている車両でも起こることがあります。
(具体的にはオーバースピードにてコーナーに進入したケース等にみられます)
軽い場合はもちろんタイヤ磨耗により消える場合がありますが、期待外れのケースも..
特にフロント(前)に生じた場合は速やかにタイヤ交換が望ましいと思います。

10/10/25 マッチングバランス タイヤ交換



今回、タイヤラボのこだわりと題して当社の特徴 タイヤ交換を新しくリニューアルいたしました。
特に高性能タイヤを購入予定の方、ぜひご覧下さい。 (画像はフェラーリF430タイヤ交換です。)

10/10/15 アウディA3 2.0T + ミシュラン Pilot Sport 3


右は37,000km走行したピレリ P ZERO ROSSO 。

ホイールバランス調整は入念に行ないます。



今回はアウディA3 2.0T タイヤ交換のご報告です。
交換するタイヤはミシュラン Pilot Sport 3(パイロットスポーツスリー)225/45ZR17 91W 4本になります。
ピレリ P ZERO ROSSO からの交換となりました。
このミシュラン Pilot Sport 3 はミシュランタイヤの自信作ともいえるもので
ハンドリングと低騒音両立したプレミアムスポーツタイヤであり、非常にバランスの良いタイヤと思います。

余談ですが、このPilot Sport 3、一部サイズが新工場のメイドイン・タイ製ということですが、
タイヤ精度に関しましては正直、発売当初より初期ロッド分に疑問と思えるものが何度かありましたが
現在は厳しく管理しているのでしょうか、以前よりバラツキが無くなった感があります。

又、ご存知の通り、このサイズは以前のPilot Sport 2 に比べ、価格設定が見直されたためでしょうか、
従来より低価格にてご提供できるものとなりました。(ぜひご相談ください。)
○○様、この度はご購入ありがとうございました。

10/07/28 ピレリ P ZERO TROFEO (ピー・ゼロ トロフェオ)


F 235/35ZR-19 XL 91Y

R 285/35ZR-19 XL 103Y

フロントタイヤのサイドビュー

リアタイヤのサイドビュー




ピレリ P ZERO™ TROFEO (ピー・ゼロ トロフェオ) 。 「勝利のためのタイヤ」
これはスーパースポーツカー専用(ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ、BMW、etc..)タイヤということで
今年の5月から既に先行輸入されています。

P-ZEROシリーズの中でもドライグリップを追求したセミレーシングタイヤ、P-ZERO CORSA 及びP-ZERO C の後継モデルとして位置するタイヤという事になります。(現在は18、19インチのみの生産となっております。)

一言で言えば、公道走行可能な新セミ・レーシングタイヤ。公道を走行可能である究極のSタイヤなんです。
しかも説明によりますと、原材料からアロマティック・オイルを排除したことにより世界的な環境問題にも配慮しているそうです。

画像のタイヤですが、
フェラーリ430スクーデリア用 F(フロント)235/35ZR-19 XL 91Y、R(リア) 285/35ZR-19 XL 103Y になります。
このタイヤはすでに弊社では数台交換を済ませておりますが、まず特徴としては驚くほど軽く出来ているのです。
(P ZERO CORSA と比べますと差は歴然です。)

そして高速走安性を追求し、浅溝設計になっています。
縦溝の一番深いところで約5ミリ。外側トレッドの細長いディンプルで実に約2.5ミリ程です。
興味深いことに製造国はTurkey(トルコ製)で、あのピレリ P ZERO スリックも同じトルコ製ですから
もしかすると設計、内部構造も一部共有しているのかもしれません。
これは P ZERO スリックの公道用と考えるのが自然でしょうか。

ここだけの話ですが.. ホイールにフィッティングした感触は今までにない感覚。
ホイールバランスも恐ろしくゼロに近く、軽量、浅溝設計(実質約5ミリ)の効果があるのでしょうか、
まあ非現実かもしれませんが、これは正しく時速300kmが日常可能なタイヤであると思います。
そしてこの新次元のスポーツタイヤ、コントロール性はもとより、ラップタイム等は飛躍的に向上することでしょう。

又、ホイールへのタイヤの装着時においても、ビード部分の独特な寸法や新開発の材料の採用によりリムとの勘合がより強固なものになっており、驚くことに弊社が確認したところ、メーカーから指定された約2バール前後での空気圧において通常のSタイヤに見られるホイールとタイヤの位置ズレは未だ確認出来ておりません。

つまりメーカーが発表する
「ピレリ P ZERO™ TROFEO はその性能を発揮させるために特別に圧力を上げる必要はありません。」
というのは事実です。


7/28 現在のサイズリストです。

・225/40ZR18 ボクスター(F)
・235/40ZR18 911 GT3RS / GT2/ボクスター/ケイマン(F)
・245/40ZR18 ランサー EVOX / WRX Sti
・265/40ZR18 ボクスター/ケイマン(R)
・265/35ZR18 ボクスター(R)
・295/30ZR18 911 GT3RS(R)

・255/40ZR19 BMW M5 / M6 (F)
・225/35ZR19 F430(F)
・235/35ZR19 F430 / 430スクーデリア / 911 GT3RS / GT2 / ケイマン /ランボルギーニガヤルド(F)
・245/35ZR19 BMW M3(F)
・265/35ZR19 BMW M3(R)
・285/35ZR19 F430 / 360チャレンジ / 430スクーデリア / BMW M5・M6
・295/30ZR19 ランボルギーニガヤルド(R)
・305/30ZR19 911 GT3RS(R)
・325/30ZR19 911 GT2(R)

ぜひ、お問い合わせ下さい。

-----------------------

さて、気になる話題ですが..
先月の6月23日、ミラノにおける記者会見で何と2011年からのF1の単独(供給)サプライヤーに決定。
ピレリのF1復帰。これは将来を見据えた活動ということですが、実に何年ぶりでしょうか。

このF1へのタイヤ単独供給に関するプレスリリースによりますと
FIA世界モータースポーツ評議会は現行のF1レギュレーションを修正し、
ピレリは新たに6種類のタイヤをチームに供給。それは様々なドライ路面に適応するように
コンパウンドの異なる4種類のスリックタイヤ、ヘビーレイン用のレインタイヤ、
そして、濡れた路面やライトレイン用のインターミディエイトの計6種類になるとの事。

今後はF1そしてピレリから目が離れなくなりそうです。

10/03/30 アウディ(AUDI)承認タイヤ




左が新品。右は残ミゾ約3ミリ弱のタイヤ。






今回ご紹介のタイヤは、ミシュラン Pilot sport PS2 (パイロット スポーツ ピーエスツー)です。
最近はPilot sports 3 の発表で何かと話題のミシュランタイヤですが、このPS2はすでに発売から数年が経ち
その間、新車用で認証を取得した自動車メーカーも数多くあり、世界中のスポーツカーの足となっています。

今回装着する車両はアウディRS4 アバントで、タイヤサイズは前後とも 255/35R-19 96Y XL RO1。
今まで使用していたタイヤもPilot sport 2 、アウディRS4専用でしたから今回も同じものとなりました。
外したタイヤですが、残ミゾは約2.6〜3ミリ弱で、そろそろ交換.. といったところでした。
(因みに法定では残溝が1.6mm以下のタイヤを使用しての走行は不可となっています。)
通常このクラスのハイパフォーマンスカーの場合、ポルシェ、BMW、BENZ等もそうですが
メーカーマニュアルによれば雨天時の走行を考慮し、残ミゾ3.0mmでのタイヤ交換を強く推奨しているようです。

さて、このROマーキング付きですが、以前、承認タイヤでご説明したと思いますが
これはアウディ承認タイヤの証であり、AUDIに数多く純正装着されている専用設計のタイヤなのです。
(その他、AOマーキング付がございます。)
事実、交換作業した感想ではタイヤユニフォミティ、ホイールバランス精度はやはり素晴しいものがあり、
流石に新車用として認められたものであると再認識した次第であります。
○○様、毎度ご購入ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

10/03/13 AMG メルセデス・ベンツ ホイールバランス調整




本日、メルセデス・ベンツ E55 AMG ステーションワゴンのタイヤ交換作業を実施しました。
タイヤはミシュランの最新作、プレミアムスポーツタイヤ Pilot sport 3 265/35R-18 97Y XL です。
見積もりの段階でほぼ同額であり、今まで使用していたPilot sport PS2 から 3 に交換となりました。
(Fタイヤはまだ溝があるため、今回はリアタイヤのみです。)


やはりこのクラスになりますとパワーがあるだけに駆動輪のタイヤの磨耗は想像以上に早く注意が必要です。注)







<さて本題に入りますが、ここで メルセデス・ベンツ AMG E55のホイールバランスをご説明いたします。>

タイヤ交換時に特に注意しなければならない事ですが..
タイヤ・ホイールのマッチングを探し(位置ずらし)、組み換え作業を何度か行い、一番ベストな状態にします。
このマッチングバランスは高性能タイヤ、特に扁平タイヤにおいては大変効果があります。

Pilot sport 3 は以前に比べ、内部構造の見直しによりビードの上がり具合が非常に良くなった印象です。
もちろん今回の作業では真円度、ユニフォミティに関していずれも申し分なく合格点でした。

ホイールバランス調整。 以前ご説明の通り、タイヤ交換を行う際には必須の作業でもありますが、高性能タイヤに関しては非常にデリケートな作業です。 タイヤ組み付け精度がとても重要で、不完全な場合はいくらコンピュータ上でゼロにしても駄目なのです。
詳しくはタイヤラボ ホイールバランスにて説明があります。

余談ですが、何度タイヤを交換しても振動が気になり、やむなくポルシェを売却されたという話を聞いた事があります。


上に開いた窓からユニフォミティをチェック。

回転しているタイヤに注目。タイヤのタテ溝が鮮明に確認出来ます。 ブレが無いのが判りますか?
(これは撮影のため安全装置を外した状態。)

この独カールシェンク社製のバランサーはユニークな水平回転型で、取り付け(装着)誤差の発生が少なく世界最高の精度を可能にしています。
とても高価ですがポルシェ社指定ということで、実は弊社では30年以上も前から同メーカーを数多く愛用しております。

もちろんこの測定器はAMG だけでなく、ポルシェ、フェラーリ、BENZ(ベンツ)、BMW、AUDI(アウディ)等の高性能車をドイツのアウトバーン(Autobahn)にて速度無制限で巡航走行可能にするために設計されたものであります。
宣伝にはなりましたが、高性能タイヤ購入時にはぜひご用命下さればと思います。

弊社のこだわりはタイヤ組み付けに妥協せず、最高のホイールバランスを提供することであります。
それは本物志向への飽くなき追求であり、その車本来の性能を引き出すということが重要と考えております。


オーナー様、ご協力(ご購入)ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。


注)E55 AMG (カタログデータ)
総排気量 5,438cc  エンジン種類 SOHC V型8気筒スーパーチャージャー
最高出力 476ps/6,100rpm  最大トルク 71.4kgm/2,650rpm

10/02/11 ピレリ Cinturato P7 (チントゥラートP7)試乗会。



昨日はピレリタイヤの新作発表 Cinturato P7 (チントゥラートP7)試乗会に参加させていただきました。
前日はプレス向け、今回は販売店及びセールス向けにということでお話があったのです。

さて場所は神奈川の逗子マリーナ、リビエラ東京。(シーサイド リビエラ)
建物もそうですが、周りの風景は地中海をイメージした最高のシチュエーション..




この日のために用意された車両は、アウディA5 3.2、アウディ A5 Cabriolet3.2、スバルレガシーB4 2.5i、
スバルエクシーガ2.0i、ゴルフヴァリアント2.0TSI、ALFA MITO になります。
新作発表ということでいつもの事ながら、ドキドキ、ワクワク.. (今回、初めて乗る車もありますし.. 笑。)





今回発表のピレリCinturato P7 (チントゥラートP7)。
発表によれば、「イタリアのピレリ社がリリースするハイパワーカー用、初めてのグリーンパフォーマンスタイヤ。」
既に1月より輸入車の新車装着.OEタイヤとして販売を開始、サイズバリエーションは現時点で中、大型クラスの高級セダン向けの16,17,18インチのみが先行販売され、これはピレリ社が提案するグリーンセグメント、チントゥラートファミリーの兄貴分でもあり、最高級プレミアムタイヤとして位置付けられたものでありましょう。

近年、世界的にもそうですが、特にヨーロッパにおける環境への責任、配慮が特に企業やグループ間に厳しく課せられた問題となっており(CO2 エミッション。)、高級車におけるグリーンエコノミータイヤの追求、そしてピレリ社が模索した結果として今回のCinturato P7 (チントゥラート)が発表となった訳です。





プレゼンテーションでは、ピレリジャパンのG.A.ポンツォーニさんからの説明があり、従来のP7のマイナーチェンジといったものではなく、設計を見直した新製品であるといった話をお聞きすることができました。

これはただ単に「エコタイヤに替えましょう。」といったレベルの話ではなく、最重要視された課題は性能を落とさずに環境に配慮するということでした。
(ヨーロッパでは政府から今後発売されるタイヤにおいて、低燃費はもとよりタイヤノイズにも規制が出されているとの事です。)

具体的にはハイパフォーマンスタイヤ、P ZERO からフィードバックされたトレッドデザインを使用、理想的な形状にすることで騒音を抑え乗り心地を向上させたものであり、グリップ力を落とさずに乗り心地、ウエットブレーキ、耐摩耗性を向上させ、ロードノイズを抑え燃費の向上を実現したものであるとお聞きしました。

..さて百聞は一見にしかず、早速試乗させていただきました。 (まずはアウディ A5 Cabriolet3.2)






AUDI A5 Cabriolet(アウディA5)はタイヤサイズが245/40R-18 97Y XLでした。






アウディ A5 Cabriolet3.2の後はスバルエクシーガ2.0i、レガシーB4 2.5iに試乗することができました。

レガシーB4 2.5iにて

さてこのCinturato P7の第一印象ですが、非常に静かでしなやかな乗り心地..
特にAUDI A5 Cabriolet(アウディA5)における試乗ではタイヤサイズが245/40R-18 97Y XL
というタイヤにも関わらず、車格に見合う素晴しい剛性感と滑らかな乗り心地に圧倒されました。
ハンドリングは高速域においても非常にリニア。ハイパフォーマンスタイヤ P ZERO と見比べても遜色のない
ピレリらしいドライビングの愉しみを感じることができる.. とても完成度の高いタイヤであると思います。
後で調べてみましたが、AOマーキング付ですからアウディ承認タイヤでもあったのです! 
(やはり.. という事はこれをOE装着するメーカーが今後更に増えると思います。)



トレッドデザインは太い4本のストレートグルーブが基本。
間違いなく自社のスポーツタイヤの最候峰 P ZERO を意識したデザインと思いますが、今回それよりもブロックの間隔をさらに詰めてロードノイズを抑えたものとなっており、全体的な味付けはマイルド。非常に高い静粛性。

メーカーからの公表はありませんが、現時点ではミシュラン PRIMACY LC に対する回答でしょう。
しかしながら単なるエコタイヤへの追求というものではなく、新しいグリーンセグメントの確立といった表現の方が合っているように思いました。
又、これまでのピレリタイヤとは違った新しい方向を示唆したものであると感じました。
あのフェラーリでさえ、ハイブリッドエンジン採用の車を発表した位ですから..

最後になりますが、この機会を与えてくださったピレリタイヤ関係者様、そしてスタッフの皆様、
この場をお借りしましてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

09/12/18 X-ICE XI2






昨日はアウディ(Audi) S3 Sportback にスタッドレスタイヤを装着いたしました。
タイヤはミシュラン X-ICE XI2 (エックスアイス ツー)225/40R-18 XL 4本です。
噂のアドバンス・トレッドブロック、素晴しいアイスパフォーマンスをご体感下さい!
C様、ご購入ありがとうございました。
このウェブサイトに掲載されている全て(引用を除く)のコンテンツはタイヤラボが所有しています。
このサイトの記事や写真をあなたのサイトで紹介する場合はタイヤラボ明記と
www.tire-labo.com サイトへのリンクを貼ってください。
本ウェブサイトの使用ならび回覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

本ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。
雑誌や新聞等で紹介する場合は info@tire-labo.comまでご連絡下さい。