Archives: June 2007

07/06/30 梅雨空の跳ね馬








此処のところはっきりしない天気が続くなか、タイヤ交換に訪れた512TR。
目が覚めるようなロッソを身にまとい、歩道の人は振り返って見ています。
15年前とは思えないコンディション。タイムスリップしたかのようです。 内装も素晴らしい革張りです。 
雨が心配のご様子でしたが、この時ばかりは神様も見方ですね。
今回は、ピレリ P-ZERO ロッソ 235/40R-18、295/35R-18 1SET ご購入いただきました。
オーナー様ありがとうございました。

07/06/28 夕暮れの東京


サラリーマンが急ぎ足で家路へと向かう時間帯。
車は真夏の日差しを浴びたのか、いまだに火照ったままで何処へ行くのやら...
渋滞がなければ、どんなに快適でしょうか

 涼しい避暑地が恋しくなりますね。

07/06/14 イタリア的自動車文化2


30年以上前のフィアット500。 イタリアを象徴する大衆車。
10年以上前は沢山走っていましたがここ最近、めっきり少なくなったようです。
愛らしいルックスで人々を魅了します。
(きれいにレストアされてお決まりのロッソ.コルサに塗られています。)

07/06/14 イタリアの交通事情


イタリアでも燃費が良い日本車は大人気ですね。
という訳でイタリア編はひとまず終了です。 また機会をみてUPしてみたいと思います。

07/06/12 イタリア的自動車文化


このお店はいったい何でしょう?

SCUOLAGUIDAとあるのは自動車教習所。
ここの門を入りますと、イタリアならではの教習が待っております。
日本と違いイタリアでは、いきなり路上(本番!)を運転させられて、きわめつけが教官に一言...

「君、一度も運転したことないの?」 と言われるのだ!

07/06/11 フェラーリ60周年記念祭






フェッラーリ(フェラーリ)60周年記念のお祝いにかけつけた、オーナーの集まりです。
さすがイタリアの象徴とあって、熱烈なフェラリスタが自慢の愛車で詰め掛けています。

07/06/10 イタリアの交通事情


交差点での前方の小さいブルーの車はエコロジー車で、電気で走ります。
免許もいらないのだ!環境にも優しく、最近結構流行ってきています。

07/06/09 イタリアの交通事情

ミラノ在住の妹から2〜3日前の画像が届きましたのでご覧下さい。(ミラノの様子です。)



車庫証明がいらない国なので、ほとんどは路上駐車のようです。


アパートには駐車場が少しだけありますが、皆さん外が好きなようです。
車庫を買ったり借りたりしますがそれ以外は万全の用心をして、全て路上駐車。だって無料なのだ!
(車を離れる時は、皆カーステレオもカーナビもいちいち外します。)それだけ泥棒が多いということですね。


一台だけの車の後ろに紙がはさんであるのは、路上駐車の違反切符を切られたもの。
よく見かけます(70〜80ユーロの罰金)。 
どの道路も一週間に一度は夜中に掃除があり、翌日お昼過ぎまで止めておくと切符が切られてしまいます。
(でも、午前中位までは見逃してくれる!!) 日本では信じられませんネ!

07/06/07 ハート.アイランド トーキョー


昨日は、用事のため久しぶりに都心に出たのですが、まわりはコンクリート。地面はアスファルトでもって太陽の照り返しにはビックリ!
地方にばかりいますとこの感覚は新鮮ですね。東京砂漠とはよく言ったものです。
平日の昼下がりの銀座では、思ったほど車の混雑はないようです。
お店の中には沢山の笑顔があり、活気にみちあふれています。(オアシスですね。)

さて、この地面の熱さではタイヤ君... 本当にご苦労様です。

07/06/03 カルガモファミリー


自然をさがしにいざ! 東茨城郡 城里町(七会村)へ


田んぼは、カルガモファミリーにとって心地よい場所です。

07/06/02 高速道路で..その2


高速道路の合流地点です。 6月に入りますと、中央分離帯の植木の剪定(せんてい)のため車線規制 が多くなります。合流の車に注意しながら走行します。(気を抜けませんね。)

07/06/01 高速道路で..その1

今回、高速道路において安全に走行するためにはどうあるべきか
ベテランドライバーからビギナーまで、今一度考えていただければ幸いです。


今にも泣き出しそうな空。雲の間から少し日が差しています。
私の経験ではこのような天気の場合、一番注意しなければなりません。
今回は風はさほどではありませんでした。(吹流しが垂れています。)ですが、まわりの風景が急に明るくなったり、真っ暗になったり、めまぐるしく変化します。
この場合、早めにスモールライトを点灯し、周囲の車に存在をアピールさせます。(追突防止にも効果があります。)
普段より多めに車間距離を取ることが重要ですね。
このウェブサイトに掲載されている全て(引用を除く)のコンテンツはタイヤラボが所有しています。
このサイトの記事や写真をあなたのサイトで紹介する場合はタイヤラボ明記と
www.tire-labo.com サイトへのリンクを貼ってください。
本ウェブサイトの使用ならび回覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

本ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。
雑誌や新聞等で紹介する場合は info@tire-labo.comまでご連絡下さい。